ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。ハレてもケでも子育て。

たんぽぽのおじいさん。

 

コトバの宝物
 
道端でこども(未就学児)が
 
「あれとって、
 
たんぽぽのおじいさん」
 
といった。
 
たんぽぽのわた毛という言葉を知らなくて
「たんぽぽのおじいさん」
と表現したこのコトバには
一生出会えないかもしれない宝物。
 
今この一瞬の成長を大切にしたいと思った
わた毛の春。

f:id:wamama-mikata:20210410123142j:plain

ワーママとしていつアクセルをふむのか。

 

卒業式という節目に
 
上の子はこの春、中学入学という
新しいステージに。
 
感染症対策という名目上、
卒業式は短時間のコンパクトな
式ではあったけど、
こどもの成長を感じるには
十分な式典であり節目となりました。
 
 
ワーママ歴、気づけば12年。 
 
 
中学校という新たな段階へ
親の手をますます離れて
自分の世界を切り開き、創り上げ、
思春期という大人への階段をのぼる
この時期の成長は、心配でもあり
楽しみでもあり。

 

中1の壁??
 
中1の壁・・・
なんて存在するのだろうか?
と疑問符がつきつつ、
ワーママ界隈で中1の壁が
騒がれていないのをみると
ないものだと信じたい。
 
というか、もうこの時期は
親の手をほぼほぼ離れ、
目を配り心をさく時期にきているので
ワーママ諸先輩が言うがごとし、
手はかからないけれど
精神的に気をもむ時期なのかも。
 
うちは下の子はまだ未就学児〜小学生
という年齢なのでまだまだ
子育て真っ最中ではありますが
やはり子の成長を思うとき、
子に手がかかるという時期は、
0才〜3才くらいではないだろうか。
 
だからその時期、
多くのワーキングマザーは
仕事と育児との両立に苦しみ、
子育てを優先すると
マミートラックにのりあげて悲観し諦観し、
キャリアの停滞と中断に苦しむという
茨の道であることは、
ワーキングマザーを経験した人なら
否定する人はいないだろう。
 
アクセルをいつ踏むのか
 
ワーママとしてアクセルをいつ踏むのか
(これはワーママはるさんの造語でもありますが)
私が未就学児〜小学生〜中学生の
子の親として振り返ると、
いつまでも子育て>仕事の図式で両立を
重視していたら、
マミートラックの時間は
どんどん増えていくばかりだし、
自分がそれだけ年をとって
キャリアを積む機会も逸してしまう。
 
だからといって、仕事>子育てで
バリバリ頑張ろうとすると
こどもと家族に負担を強いてしまい
結局仕事にもしわ寄せがきてしまう。
 
うまく舵をきろうと思うと
やはり手がかかる0才〜3才は
子育て>仕事で
仕事はセーブしながら
こども優先の設計をしつつ
ゆるやかにいきながら
4才〜6才の小学校入学前で
ギアチェンジして本格始動するのが
いいと思う。
 
そして、エンジンが調子よくのってきた
段階で小1の壁を迎えて突破して
アクセルを踏みながら
流れに乗りたいと思う。
 
・・・といえば聞こえはいいけれど、
これはすべて理想です。
 
上の子が育ってもきょうだいがうまれたら
手がかかる乳児からの子育ての
繰り返しが始まり、
結局、エンジンを本格始動できないまま
子育て>仕事の時期が続いてしまう。
 
ではあるけれど、こどもは成長する。
必ず成長する。
 
だから、数年単位で自分のキャリアを
見据えながら
いつ、アクセルをかけるのかを
自分で判断しなければならないと思う。
 
私は、去年の4月に異動となって
部署がかわり希望していた
専門職への復帰が叶い、
かなり仕事に重きをおけた
1年であったと思う。
 
仕事も良い具合に調子があがり
脂ものってきた。
 
自分の成長を感じるし、キャリアを
積み上げている実感も感じる。
 
「やっと」。
 
これが私の感想。
そう、やっと私は自分のキャリアを
自分の意思で切り開いていると感じる。
 
そしてまだまだこれから。

f:id:wamama-mikata:20190531104635j:plain


【社会人の学び直し】春から大学生(予定)。

 

祝*合格
 
この4月から、大学生になります。
こどもが・・・ではなく、
アラフォーの私が。
 
学び直しのために2021春から
大学の通信課程に1年間通い、
国家資格取得に向けてチャレンジします。
 
遡れば2019春にも国家資格取得を目指し、
通信課程に入学しました。
(必要な履修科目を受講しないと国家資格の受験資格がないため。)
 
そして、2020春、
目指していた国家資格に無事合格。
その分野でキャリアを活かすには必要十分と
いわれる(やや)難関資格であります。
 

www.mikatano.me


今後のキャリアを見据えてさらに
上位の資格を目指すことにしました。
 
学費が最大70%免除になる教育訓練の
給付金という経済的なサポートも
後押しになりました。

 

www.mikatano.me


社会人の通信課程での学びや
アラフォーにして国家資格に
挑戦することは経験済ですので、
茨の道であることは覚悟の上です。
 
前回は育休中でしたので、
子育てと勉強との両立の大変さは
ありましたが、今回はさらに仕事が加わる
勉強と子育てと仕事のトリプル両立。
 
ちょっと、戦きつつも
「今が一番若いとき」
「やるなら今でしょ」
という意気込みで挑戦します。

70歳定年の衝撃。

 

えー70まで働くの???
 
定年、正確には再雇用制度の上限が
延びることはわかっていましたが、
実際に弊社の就業規定が
この4月1日付けで再雇用の年齢上限が
変更となりました。
 
現在、65歳まで再雇用の期間が
設定されていましたが、
4月からはその期間が
70歳までとなるようで・・・
 
もちろん、定年が延びるであろうこと、
その移行期間として再雇用の期間も
延びるであろうことは
わかっていましたが、
実際に就業規則として通達がだされますと
「えーーーー!70まで働くの???
と驚くばかり。
 
もちろん、「辞める」という
選択肢はあるわけなので
自分の意思次第なのですが、
70まで働きたいものなのかな?
 
生涯現役とはいうけれど、
それはボランティア活動であったり
地域活動であったりするかと思うのですが、
同じ組織で、同じキャリアで
60歳定年以降も10年間
しがみついていたいものかな?
という純粋な疑問です。
 
今後、定年年齢が延びることは必須。
キャリアをどう積むのか
改めて考えるきっかけになりました。
 

f:id:wamama-mikata:20200308134049j:plain

【登校しぶり】真相を学校に確認。

 

事の真相は?
 

こどもが音楽の授業、
特に音楽の先生が嫌だという。
その威圧的な物言いが本人にとって
ストレスになっている模様。
 
音楽が嫌だから学校に行かないと
言ったとき、そこまで登校を拒否する原因
いったい何なのか真相がわからないので
直接、学校に問い合わせた。

こういうときは即行動。
 
担任の先生にこどもが訴えている内容を
そのまま伝え、(もちろん建設的に冷静に)
話し合った。
 
先生は真摯に聞いてくれ、
音楽の授業について、そしてその後の
学校生活についても相談した。
 
事実と解釈と真実の間
 
こどもから聞く話と事実は
異なることもままありうる。
 
それはこどもの「解釈」を通して
語られるため、
こどもの視点からみた「事実」になる。
 
でも、それはこどもにとっての
「真実」なのだから、
私はこどもの訴えをそのまま信じる。
 
ただ、一方で客観的「事実」も必要なので
先生の視点を通した事実についても
確認したいと考えている。
 
音楽の先生は、専任であるので
クラスの担任の先生とは
異なる先生が受け持つ。
 
こどもが音楽が嫌だから
学校に行きたくないといったとき、
私としては
音楽の授業は休んでも構わないと思った。
 
理由は単純。
 
音楽がなければ(出席しなければ)
学校は行くのだから。
 
だから、担任にも率直にその理由を伝え、
本人の意思を尊重して、
音楽の授業はクラスでの自習や
保健室にいることは可能であるか相談した。
 
担任は、すぐにそういった対応は
(音楽を休み保健室やクラスで過ごすこと)
可能であるからそのようにしたいと
言ってくださった。
 
この迅速な対応には親として
とてもありがたく学校の対応に
信頼をもてた。
 
本人にもその話をフィードバックして
親子で話し合って、
音楽の授業はでなくてもかまわないから
学校に行こうと話し、
本人も納得してくれた。
 
親としては、登校しぶりの大部分を
取り除いたのだから
これで安心して学校に行けると思った。
 
実際、次の日から何事もなかったかのように
「いってきま~す」と家を出て
学校にいったときにはとても安堵した。
 
が、ことはそれほど単純でもなく・・・
その後に続きます。
 

f:id:wamama-mikata:20190308152638j:plain

 

仕事に脂がのる40代ワーママ。

 

仕事のやりがいと成果
 
最近、仕事の成果がでてきています。
 
一時期、停滞期もありましたが、
いま、とても仕事にやりがいをもって
楽しいと感じている。
 
月曜日がまったく憂鬱じゃない。
むしろ仕事のリズムで土曜日の早朝に
目が冷めてしまい、
今日やるべき仕事の続きを
考えてしまったほど。
(ちょっとして土曜日だと気づく)
 
仕事に追われているということもなく、
ただ単に自分のやりがいと成果を
感じている1年の終わり。

年間を通しての実績も積み上がりつつあり、
評価もそれに比例して向上中。
 
ああがんばっている私、
と噛み締めつつ
この仕事が好きだなとしみじみと感じる。
 
つまり、青臭いですがやりがいを感じます。
 
今年度、研究職から専門職として
現場に復帰して、
育休のブランクも大きいなかで
どん底期もあったけれど、
40代、ワーママ、
いま仕事に脂がのっています。

 

40代、ワーママの脂
 
どうして、いまこんなに
脂がのっているんだろう?と考えた。
 
この1年間、こどもの熱や病気で
突発的に休むことはほぼなかった。
 
そのため仕事に穴をあけることなく
仕事に集中できた。
 
この理由は在宅の夫のおかげと
コロナによる感染症対策の徹底で
こどもが風邪や病気にかからなかったこと。
 
 
そして、希望した専門書への復帰ができ、
自分が一番やりたかった仕事、
異動したかった部署に異動できたことで
モチベーションがあがったこと。
 
 
試行錯誤しながら取り組んだ
1年であったが、仕事の成果を少しずつ
感じることができていること。
 
ワーママ時短という制約される環境で
いかに効率的に仕事を行うか。
ワーママはるさんのしごと術を参考に
仕事のやり方を自己流にアレンジしつつ、
いかに最適に最短に最適に仕事をするのか
考えつつ、実行に移していったこと。
 
 
これら総合して、
「脂」に変換されているのかもしれない。
 
これからも山あり谷ありの仕事道で
あると思う。
 
人事の春の風とともに
新しいメンバーも4月に異動となるので
雰囲気も変わるだろう。
 
春ってなんだかワクワクする。
 
来年度はさらに成長していきたい。
 

f:id:wamama-mikata:20190228114608j:plain

【登校しぶり】そもそも学校は何故に必要なのかという問。

 

学校はなんのために行くのか
 
こどもに
「学校に行きたくない」
「どうして学校に行かなければならないのか?」
と言われたら。
 
この単純な問いに対して、
多くの親はどのように答えるだろうか。
 
「勉強のため」
「集団での社会性を身につけるため」
「心身の健康のため」
といえば聞こえがいいですが、
こどもは果たして
その答えに納得するでしょうか。
 
そもそも
「勉強のため」
「集団での社会性を身につけるため」
「心身の健康のため」
という目的を達成するならば、
「学校」という場じゃなくても、
勉強は家庭教師だって塾だって
その役割は担えるし、
集団での社会性は習い事、課外活動、
地域活動のような第三の場でも達成できる。
 
心身の健康のためならば
スポーツなどの習い事や運動を通して
心身を鍛えられる。
 
じゃあ、なんで
「学校」という場が必要なのか。
 
「友達」や「先生」がいるから?
 
先生という指導者のもと30人程度の
集団において「友達」との交流のなかで
社会性を身につけられるから?
 
ともすると
「みんな行っているから」
「学校へ行くことが義務だから」
などの理由は、こどもへの答えには
まったくの無意味であると感じる。
 
みんな行っているから学校へ行くの?
義務って何?
 
「教育を受ける権利」はこどもが
もっている権利であっても、
「教育を受けさせる義務」は
親にあるのであって、
「教育を受ける義務」は
こどもにはないはず。
 
なんて、小難しく考えていると、
結局、なんで学校はあるのか、
何故に学校に行かなければならないのか
というとっても単純な問を
親自身に突きつけられます。
 
学校に行く意味って?
学校という場じゃなくてもいんじゃないか?
 
と私が思うに至ったのは、
こどもが登校しぶりをしだして、
数日たち10日目あたりだったように
思います。
 
無理やりいかせてもこどもにとっては
ストレス以外の何者でもなかったという
出来事が起こりました。
 
その出来事のきっかけで親である私自身、
学校という存在意義が
見いだせなくなってきました(つづく)。
 

f:id:wamama-mikata:20181219135145j:plain