ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。ハレてもケでも子育て。

親の老い。

 

親の老いは現実に
 
親が老いていくのを実感するのは
辛いところがある。
 
まだまだ元気と思いたい気持ちと
やっぱりもう年だよねと
認めざるを得ない老い。
 
実父はすでに他界しており
実家には母ひとり。
 
実母は現役で仕事をしてますが、
負担のない短時間のパート。
普段は悠々自適な生活ではありますが、
60代後半、徐々に加齢には
抗えない年代に。
 
身体も元気だし、東へ西へ旅行も行くし、
元気なことは元気だけれど、
やっぱり10年前を知っている
娘の立場からしたら老いは隠せない。
 
 
忘れっぽさが目立ってきた
60代後半の母に
もしや認知症の初期症状?
なんて疑ったり、
いやいやただ単に加齢の忘れっぽさなのか、
どちらにしてももうシニアな母の今後は、
こどもの立場としては気がかり。
 
まあすぐすぐに介護なんてことは
ないにしても、10年後には現実的に
介護についていろいろ考えないと
いけないはず。
 
3人きょうだいの私は東京に
住んでおり、あとのきょうだいは
実家近くに住んでいる。
みんなそれぞれ世帯をもって子育て真っ最中。
 
近くに住むきょうだいには
何かと頼りにしてしまい、
遠くにいる身としては申し訳ない思いが、
正直、きょうだいの存在は
すごく助かっている。
 
年齢を重ねるごとに実感する
きょうだいのありがたみ。
 
特に親の介護なんていう
大きな問題を自分ひとりで
考えないといけないなんて
荷が重すぎる。
 
今後、老親の問題を考えるとき、
親を支えるのはどう考えたって
こどもであるきょうだい同士だと思う。
 
相談する相手がいるという
精神的な余裕、金銭的にも
何かあればお財布が複数あるという
経済的な余裕。
 
日本の高齢社会の未来はもう
「公助」では成り立たない。
 
「自助」「互助」「共助」に頼らざるを得ない
超高齢社会ニッポン。
「家族」「きょうだい」「こども」
「甥」「姪」「孫」
の存在がその選択肢となる。
少子化でどんどんこれらの選択肢も
枯渇していくのは目に見えている。
 
「こどもには頼りたくない」と
多くの親は思うけれど、
老いた身体や老いた判断力、認知力を前に
自分の意思とは反して
頼らざるを得ない現実がある。
 
介護というとまだ見ぬ世界、
経験していない世界ではあるが
子育てより労苦が多いんじゃないか
と想像する。
 
「子育て」の次は「介護」なんて
よくいうけれど、
介護問題をいかに先延ばしにできるかが
今できることだと思う。
 
先延ばしとは思考を停止することではなくて、
親の力を最大限活かせるように、
体力面、認知面で現役世代として
長く長く活躍してもらうこと。
 
そのために子として今、
何ができるのかを考えながら
10年後の介護を見据える今。
 

f:id:wamama-mikata:20190830124437j:plain

 

転職サイトに登録してみたら。

 

自分の芝生は青かった
 
ちょっと仕事にやさぐれていた時期があり、
辞めたいというよりも
いまからでも転職できるかなという
軽い興味本位もあって
転職サイトに応募してみました。
 
大手転職エージェントや
資格をいかした専門職に
強いエージェントなどに登録。
 
外資系という目からうろこの選択肢も
あると知って、
でも一歩踏み出せず
いまの業種で資格やキャリアを
いかせるところにしぼってみた。
 
結果、登録してすぐ、
なんか聞いたこともないところから
「○○区の物件についてご興味ありませんか?」
という怪しいかなーり怪しい
営業電話が携帯にかかってきて、
れは個人情報を
流出させちゃったんじゃないか
と激しく後悔。
 
でも、その営業メールにやんわりと
辞退と個人情報の削除をお願いして以降は
一度も営業電話はかかってこないのですが、
転職エージェントでの登録が関係するのかは
未だはっきりしません。
 
その後、いくつかエージェントから
情報をもらい、そのなかで
キャリアアドバイザーみたいな
転職エージェントのスタッフと話したところ
以下の事実が判明しました。
 
いまの会社の待遇面は
超超超恵まれているということ。
 
資格があるので転職先は
たくさん紹介できるが、
今のお給料以上の転職先はほぼ皆無で
3分の2くらいになるかも〜な話があり、
一気に現実に引き戻されました。
 
ぶっちゃけ、たしかに今の職場は
お給料面では恵まれています。
 
時短6H勤務で手当含めて
30万そこそこ+αの時間外業務で
+3〜5万前後くらいのお給料
 
そしてボーナスは約4.5ヶ月分もらえ、
このコロナ禍にもかかわらず
夏も冬も満額支給という
かなりいいお給料をいただいています。
 
これが転職したら同じ業界でも
年収がガクンと下がることを知り
いまの待遇が恵まれていると改めて認識。
 
そんな現実を知っちゃうと
転職に後ずさり。
やっぱり今の席を簡単に手放すのには
躊躇してしまう。
 
でも、いま、大手企業で囁かれている
40代の早期退職とか
自分の所属企業であったら、
ここぞとばかりに手を上げたい自分もいる。
 
早期退職をして新しい転職先で自分を
試してみたい展望もある。
 
もやもやしながらも
今の会社の良いところもみえてきて、
結局、いまのところは現状維持なのか。
 

f:id:wamama-mikata:20200607152136j:plain

【手話】学び、一歩一歩。

 

手話の学び
 
「学び」は、「学ばないと」と思っていると
まったくモチベーションがあがりませんが、
「学びたい」にかわると一気に
モチベーションがあがる。
 
いまの私はもっともっと手話を「学びたい」。
 
備忘録です
話の自分なりの学び方を
キロクしておこうと思います。
 
基本的には自治体で行われている
週1回2時間の中級の手話クラスに
通っています。
 
健聴の先生と聾の先生が
ペアでなって教えてくれます。
 
最初、7人ではじまったクラスですが、
気づけば、はや3ヶ月。
ひとり脱落しふたり脱落し、
今は、4〜5人のクラスメイトとともに
同じ目標に向かって学んでいます。
 
3ヶ月前と比べたら随分と
上達したかもしれません。
が、まだまだ先は長い。
 
最初は、指文字もあやふやだったけれど、
指文字は1ヶ月くらいかけて
集中的に覚えるようにしました。
 
例えば電車に乗っているとき、
その駅名を指文字でやってみるとか
目に入った単語を指文字に
置き換える練習をして習得しました。
 
アプリとしてはこの指文字アプリが
わかりやすくてシュールっぽい絵も秀逸で
わかりやすい。
 
アプリをスマホにダウンロードして
いつでも確認できるようにしています。
 
うごく指文字

うごく指文字

  • SHIMADA TOSHIHIRO
  • 教育
  • 無料

apps.apple.com

その他、You Tubeで自主学習。
最近は本当に多様な個人が
いろいろなコンテンツをあげてくれるので、
自分にあった学習方法が探しやすい。
 
動画の好みや自分にあったもの
選べるのはうれしい。
やっぱり手話は動きがある分、
辞書だけではわかりづらさも。
 
まずはきっしーの
「司書さんがおぼえておきたい手話講座 きっしーの3級チャレンジ」
を繰り返しみて単語をインプット。
 
きっしーさんは左利きなんだけど、
手話を学ぶとき鏡手話
(っていう言葉があるかわからないけれど鏡文字のようなこと)
になりがちなところを、
左利きでやってくれるから
シャドーイングしたときにも
真似しやすくておすすすめ。
 
あわせて辞書を手元において、
わかりにくいところは二度引き。
 
 
手話辞典の良いところは関連の手話や
手話の成り立ちや意味が
書かれているのが良い。
 
それから、NHK手話CGも必要に応じて参考にしています。
CGでわかりやすく手話表現を
学べるなんていい時代になりました。
 
あと、最近みている動画は
レンさんの手話動画。
 
こちらは、歌の手話付き動画や
検定問題も紹介していたり、
幅広く学べて参考になります。
 
それから通勤途中には日々のニュースを
手話ニュースでチェックしたりも。
 
手話を学びだして3ヶ月、
こんなにハマるとは自分でも思わず、手話は奥深い。

震えて涙しました。

 

さいのかわら

 

感度の高い方ならば
すでにご存知の方も多いと思いますが、
こちらの動画がじわじわと話題になり
ニュースでも取り上げられる頃に、
感度の低い私は知りました。
 
世の不条理と理不尽にアートという自己表現で
ディスる才能と勇気、
知的な感性と揺るぎない信念。
 
もう私の拙い言語力では伝わらないけれど、
知らない方にはぜひ一度みてほしい。
 
医大の入試で女子差別が行われていた
というニュースはまだ記憶に新しいですが、
「ゴールテープごとずらされるなんて」
思っても見なかった世の中の不条理。
 
世の中の理不尽さや不条理に対する怒りを
怒りとして表現し立ち向かう姿勢について
考えさせられ、震えて涙しました。

ライスワークと割り切りたいのに。

 

隣の芝生
 
前部署では、いわゆるTHEマミートラック的な部署でした。
 
時短を思う存分とれて、
看護休暇は取りたいときには取れて、
休むことへの圧もほぼほぼなく、
ノルマもなく、細切れの仕事を
淡々とただ淡々とやっていました。
 
仕事と育児の両立という面では、
かなりかなーり恵まれていました。
 
でも一方で、ぬるま湯につかっていた自分には
「やりがい」が見いだせなくて
くすぶっていた。
 
子育てで30代使っちゃって、
マミートラックから抜け出せなかった
自分にとって
30代はキャリアの面では空白期間。
 
それでも「今だけ」「こども優先」
と念じながら過ごしてきたし、
その30代を否定することは
自分自身も否定することだから
あえて「やりがい」なんてものは
奥底においやって考えないでいた。
 
この4月、希望部署への配属となった。
はっきりって忙しい。
そしてその分、やりがいもある。
自分が携わりたかった仕事だし
求められている実感もある。
キャリアとしても自分自身の
糧になるとも思う。
 
でも、同時にやりがいが大きければ大きいほど
メンタル的にも凹むことあって、
気持ちのはけ口が必要。
逃げたいときも正直ある。
転職もよぎる。
 
でも、今の環境が恵まれていることも
自覚している。
時短をとりながらも手取り30万そこそこの
お給料がもらえて
職場の同僚もみな温厚で親切、
人間関係でのストレスはほぼ皆無。
 
今の職場を手放したとしたら、
今と同じ待遇で同じやりがいをもって
できないとも思う。
贅沢な悩みだとも思う。
でもライスワークと割り切れたら楽なのに、
と思うこともある。
 
結局、隣の芝生をみているのだ。
 
マミートラックを走っていたときには、
キラキラしたやりがいのある仕事を夢見て、
いざ、マミートラックを脱して
希望部署への異動が叶って
やりがいを持ったら
メンタル的にきついこともあって
やっぱりマミートラックの
ぬるま湯が良かったと思い出したり。
 
こんなもやもやした気持ちの根源は
きっとそう、PMSだからなのだ。
 

みずほ週休3日のワーママ的既視感。

 

給料減でノルマは?
 
みずほグループが、希望する社員を対象に、
週休3日や4日の働き方を認める制度を
12月に導入するとのニュース。
 
新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた
新たな働き方に対応とのことで、
基本給は週休3日で従来の80%程度、
週休4日で60%程度になるらしい。
 
多様な働き方が認められることは素晴らしく、
わたしがみずほにいたら
週休3とか希望したいと思う。
 
でも、ふと思う。
お給料2割減されたらノルマも2割減??
いやいや、たぶんちがうだろうな。
 
抱えているタスクはそのままに
時間内にシャカリキに働けってことだと
思われます。
 
対象が正社員ってところが闇を感じる。
今までできたタスクなんだから
週休3日になっても業務時間内に
今まで通りやってよね、
週休3日を希望したのは自分でしょって
いう無言の圧が強そう。
 
なんか、これ、ワーママ時短の
デジャブなんですけど。

ワーママ界隈なら炎上しないのに。

 

ワーママの常識が主婦の非常識?
 
ちょっとタイムラグがありますが、
スッキリで放送された
「主婦業9割削減」が
大ブーイングになったそう。
 
私は炎上騒ぎは知らなかったのですが
しばらくたって、
とある主婦系ブログで知りました。
 
Twitterでも大炎上らしかったのですが、
その経緯を知って私が感じることはただ一言、
「ワーママ界隈だったら炎上しなかったのに」
ということ。
 
主婦の立場からして
「結局お金で解決」っていうのが
気に食わなかったようですが、
「主婦業9割削減」のブロガーさんの
記事をみると、
ワーママ界隈では常識中の常識の
時短家電を使い倒していました。
 
食洗機、お掃除ロボ、乾燥機付き洗濯機、
コードレス掃除機などなど。
 
なんでお金で解決しちゃいけないんでしょーかね?
ワーママ界隈のTwitterのTLでは
この話題はほとんどでていなかった
ところをみると、大炎上していたのは
専業主婦のお立場なのかな?などと邪推。
 
そもそも、スッキリをライブで見られる
ワーママなど存在しないはずだし。
 
専業主婦の立場だってお金で解決しても
いいわけだし、意識をかえていかないと
どんどん自分で自分を
苦しめていると思うんだけど。
大炎上の意味がわからない。
 
たぶん、ブーイングの立場からは
お金で解決できたら苦労しないわい、とか
そのお金がないんだわい、っていうと思うけど
そもそも論点ちがうよね。
 
家事をいかに効率的にやるかを考えた結果が、
時短家電でありアウトソーシングでなわけで、
その過程を考えもせずに
お金がないから、っていう理由づけは
一種の思考停止だと思う。
 
「主婦業9割削減」のブロガーさんの
毅然とした意思表明が清々しく
みていて気持ち良かった