ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。ハレてもケでも子育て。

こども

【登校しぶり】新学期の憂鬱。

登校しぶりのぶりかえし? 8月後半、2学期が はじまったわけですが、 新学期の数日前から 私の不安はMAXでした。 なぜならば、小1こどもの1学期の登校しぶりが ぶり返したりしないか気が気でなかった。 長いともいえない短い夏休みをはさんで 学校が休み…

小学生高学年女子、ひろがる行動範囲。

お友達あそびとひろがる行動範囲 小学生高学年のこどもが週末、 おともだちと遊ぶことが多くなりだしたのは、 小学校4年生ごろから。 それまでは平日の放課後に 公園やお友達の家などで 遊ぶことが多かったのですが、 仲の良い友だちに 「週末あそぼう」と…

ペット不可の賃貸物件でこどもからペットをねだられて。

ペットを飼いたいこどもの気持ち いま住んでいる物件は戸建賃貸の物件です。 もれなく、ペット不可。 ですが、高学年になるムスメは、 小学校3年のころからネコ好きになり、 ネコを飼いたいといいだし、 その年のクリスマスには ネコがほしいとサンタさんに…

【toio】休校生活の徒然。いまどきの知育玩具はスゴい。

とりあえず好きなことを気のゆくままに 学校がなんて恵まれた環境であるのかを 感じずにはいられない日々ですが、 5月も、もしかしたら6月も? つづくかもしれない休校中、 できれば有意義に過ごしたいもの。 「勉強」はとりあえず、 「学校からの課題はや…

一生モノのこいのぼりと収納事情。

こいのぼり、だしました 爽やかな風にのってこいのぼりが 空を泳いでいるのをみると 元気がでるのは私だけでしょうか? こいのぼりの生産量日本一といえば 埼玉県加須市。 この町で全国的にも数少ない手描きの こいのぼりを明治41年の創業以来 受け継いで…

脇役だけど、どうする?卒園式&入学式のフォーマル服。

桜の花びらふるころはランドセルの一年生 春は、卒業に入学にと 出会いと別れが入りまじる 切なくもときめく季節です。 この春はこどもの卒園&入学がありますが 今年は例年とは ちがう進行や流れで そんな感傷には 浸っていられない雰囲気です。 SNSではこの…

一斉休校で発見、令和世代のPCスキル。

Mac派?Win派? 突然ですが、Macユーザーです。 学生のときからですから かれこれ20年以上。 初代もMac、スケルトンで一世風靡した iMac(な、なつかしー)を経て かれこれ5代目で いまはMacBook Proです。 Apple信者といってもいいかもしれません。 仕事で…

【一斉休校】小学生のお勉強と親の思惑。

一斉休校に悩む勉強 うちのこどもたちが通う小学校も 3月から休校に入りました。 突然の休みに右往左往するのは 親ばかりで、 こどもたちは突然の休校に 最初こそ不平不満を言っていたものの すっかりもう春休みモード全開。 卒業年ではないのでまた4月か…

小学生高学年女子のバレンタイン事情。

イマドキ女子? イマドキの小学生の高学年女子は バレンタインには「友チョコ」を プレゼントしあうようです。 去年から 「おともだちにチョコを作りたい!」 と言い出した長女。 「買ったチョコでいいんじゃな~い?」 という女子力の低い母の低い熱量とは反…

未来へのデバイス、第一歩はコレをプレゼント。

睡魔とたたかう親サンタ 親サンタは夜中、 こどもといっしょに寝落ちしたあと、 睡魔と戦ってこっそり起きて プレゼントを仕込むのが大変でした。 無事、親サンタの任務終了。 買う?飼う?買える?飼えないプレゼント こどもたちの反応が楽しみでもあり、 …

保活で不利にならないために。

保活は情報と戦略 保活は何よりも何よりも情報が大事。 保育園入園を決めるもの、 それは基準指数であり 調整指数であり 優先項目ですべてが決まる世界。 点数というわかりやすさの裏側には、 その点数付けのための 子細な情報が隠れている。 役所の資料って…

悲しい保活のゲンジツ。

保育園への道のり 第一子のときから 保育園活動、略して 「保活」を経験してますと、 それなりにその道にも慣れてきましたが、 そうはいってもまだまだ油断ならぬ保活。 感想としては、年度途中の入園は絶望的だが、 4月入園であれば、妥協すれば (遠方園…

「保活」という言葉が罪深い。

世論をうごかす保活 保育園さがしをはじめとする 保育園入園にかかる一連の行動が「保活」と よばれるようになったのは いつごろだっただろう。 10年前はそんな言葉はなかったはず。 5年ほど前もそんな言葉、 聞かなかったような。 3,4年ほど前から急に …

【小学校入学準備】学校指定品?市販品?学用品の選択。

小学校の学用品の準備 空高く感じる秋、 小学校入学前のこどもたちは 就学前健診の時期、 そして、保育園入園を予定しているご家庭は 保育園入園申し込みの時期になりました。 新しい環境への始動準備は 心がソワソワしだします。 何もかもはじめてな第一子…

個性?伸びしろ十分?未来の行方。

小3男子の我道を行く 小3長男の夏休みの最終日。 漢字や自由研究は自主的にすすめて 終わったものの計算ドリルを半分近く あたためていて 最終日だというのに宿題が終わっておらず、 はっぱをかけ続ける私。 な、の、に、本人、焦る気まったくなし。 どー…

未来のための重要なお手伝い。

夏休みもカウントダウンのはじまり やっとやっとやっと 夏休みも残すところあと数日な 今日この頃、 心なしか夏に秋の気配が 入り混じっているような 朝夕の涼やかな風が 感じられるようになってきました。 こどもが科学クラブの宿題で蒔いた ホウセンカの種…

田舎✕自然=原体験の原点。

いま話題の父子帰省 夫、こどもたちを連れて 東北にある夫実家に帰省。 お正月の帰省は家族みんなで 夏の帰省は、夫実家に父子帰省が 恒例となりつつあります。 田舎のじーちゃんばーちゃんは 孫の帰省を首を長くして待ってくれ、 帰省している間は子守もお…

小学生の自由研究は親をも悩ます。博物館や科学館のワークショップは親のミカタ。

夏休み、ああ自由研究 小学生の夏休みの課題といえば、 自由研究があります。 「研究」とはつくものの、 低学年のうちは自由課題なので、 提出は自由だったり、 工作もOKなので 市販のキットを使った作品なども多く、 研究へのハードルもそれほど高くないの…

小学生の夏休みどうすごす?知的好奇心をくすぐるイベント情報。

夏休み本番 夏休み真っ只中、 夏休みのお子さまをもつ 世の中のすべてのママさま、 おつかれさまです。 幼稚園ママも手のかかるこどもたちの 遊び相手からお出かけから ごはんづくりしながらの家事と たいへん✕100な毎日、 学童にあずけてるママも 朝の激忙…

【パンツの教室】のじまなみさんの防犯講座。小児性犯罪者のターゲットになる子どもとは。

性教育どうしてる? 性教育なんていうと 恥ずかしさと小難しさが 入り混じっていて みえない透明なベールに覆われていて、 すぐに手を伸ばせば触れると思ったけど、 いざ触ろうと思うと、 どうやってベールを取り外そうと 立ち止まって考えてしまう、 なんて…

小学生高学年女子の心理は複雑。気がかりなA子ちゃん。

微妙な高学年女子の心理 他所様のお子様をどうこういう 筋合いがないのは分かっていますが、 ブログですし、匿名ですし、 ざわつく自分の心の整理のためにも 書こうと思います。 高学年女子の心、難しいですねー これまでも度々記事に書いていますが難しいで…

5才男児の反抗期に悩んで、専門機関に相談。

次男の反抗期に手を焼く 兄弟で比較してはいけないとは わかっていながらも、 兄弟という比較対象がすぐそこにいるので、 どうしても比較してしまう。 上の子に比べて、 5才次男の反抗期が終わらない、長い、 どうしようもない、手がつけられなくなる、 と…

ゲームなし育児の子のゲームへの食いつきっぷり。

小学生のゲームあそび こどもたちが放課後、 こどもどうしであそぶのは おおいに結構なのだけれど、 おうちあそびがどうも曲者に 思えてきてしまっています。 wm-mikata.hatenablog.com その理由の大きなひとつが、 ゲームをやりがたる子がいることです。 得…

小学生のおうちあそびの本音。

小学生のおうちあそび 保育園時代は、 必ずママ+であそんでいたお友だち関係が 小学生にはいると、 ママの目をはなれ、手をはなれ おともだちどうしで遊ぶ約束をしてきます。 wm-mikata.hatenablog.com 親が介入する約束や 親同伴の遊びがほとんどなくなり…

小学生高学年女子のクラス替えにみる微妙な人間模様。

新学期、春らんまん 短かった春休みもおわり、 小学生のこどもたちは、 新学期、クラス替え、 そして新しい担任の先生とこどもながらも緊張した日々がはじまります。 こどもたちは、「だれと」いっしょの クラスになるのかが一番、重要。 高学年女子となる長…

いつまでたっても終わらない反抗期。

5才次男の反抗期 男の子がそうなのか 次男がそうなのか、 個性なのか、 もうよくわからないのですが、 5才の次男の反抗期に いまも手を焼いています。 4才の反抗期から比べれば ずっとずっと落ち着いてきたものの それでもまだまだ 癇癪と表現していいの…

春こども服、naturalに、neutralに。

春、こども服 春がきたような 冬がもどってきたような 朝昼夜の気温差が大きすぎて こどもたちの服を厚手にすべきか 薄手にすべきか悩む今日このごろ。 春にむけてテンションがあがる こども服を買いました。 最近、こども服は、 こちらのお店がお気に入りで…

性教育はアイデンティティを確かめること。

生と性を感じるおすすめの絵本 この本にでてくる 海くんは 「このぼくを生きていきたい」 という強い志をもつ男の子です。 実は、海くんのお父さんは亡くなり、 おじいちゃん、おばあちゃん、 お母さんに育てられるのですが、 海くんは、自分のルーツを知り…

Neutralってやさしい。

Neutralなこども服 私が以前から読んでいる ブログのワーママさんが、 会社員に終止符を打ち、起業したんです。 私はいち読者にすぎないのですが、 陰ながら応援していました。 その起業家ワーママさんは、 持ち前の行動力を武器に なんと海外ブランドも展開…

ピアノ男子、応援団女子。

ピアノ男子と応援団女子 最近の習い事は、 ピアノ率高しなんでしょうか。 都内だからなのか、 時代なのかよくわかりませんが、 地方で育った私にとって、 おピアノを習っている同級生というと、 どことなくお嬢様臭を漂わせる 女の子が習っているイメージで…