ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。ハレてもケでも子育て。

じぶん

40代、ワーママ、美歯をめざして。

自分メンテが足りない ワーママ、40代、 抗えない加齢とともに 自分メンテナンスには お金と時間をかけないと との思いに至った年末。 さっそく、歯医者を予約して 歯のクリーニング。 半年ぶりのクリーニングに キレイさっぱりな爽快感。 でも歯周病の疑い…

アラフォーの美容、口内ケアグッズ。

髪艶、大丈夫? アラフォーなワーママの美容、 ファッションについて記事にしました。 www.mikatano.me 白髪が気になるお年頃、 美容院には1〜2ヶ月に1度行って カラーリングもまめに するようにしています。 白髪って1本でも目立つと 一気に老けて見え…

アラフォーなワーママの美容、ファッション。

40代、加齢を意識 アラフォーと言っても 30代後半ではなく40代前半のお年ごろです。 30代ならアラフォーと言わず、 30代っていうよねー。 40代って言いかえれば 「中年」ですから。 さて。 そんなアラフォーなワーママの ファッションや美容について思うこと…

マスク生活にかこつけて美容医療。

マスク生活の日々 マスク生活が日常になりました。 口周り鼻周りはほぼ覆い隠されており、 メリットもデメリットもいろいろ みえてきた今日この頃。 私的にはお化粧しなくていい というメリット大。 マスク生活でもばっちりメイクの アラサーワーママちゃん…

仕事に対するブレない価値観。

仕事も大事、家庭も大事 最近、仕事上の停滞期を脱したようで 仕事に対するモチベーションが上昇中。 おおむね調子が良い。 脂がのって何もかも絶好調というのではなく 自分の仕事に対するスタンスが 定まったという感じ。 仕事も大事、家庭もこどもも 当た…

ワーママのスキルアップ(自己研鑽)と引き換えに。

新たな学びとして始めた手話 仕事上でも必要とされることもあり、 また自分自身のスキルアップ、自己研鑽 という意味合いでも 手話の学びにとても張り合いがある。 そして純粋にただただ学びが面白い。 今は、自治体で開かれている 週1度の講座とYou Tubeな…

マイノリティである経験。

読書の秋に思うマイノリティ 読みたかった小説を1日で読了。 読書に没頭できる時間って久しぶり。 となりでこどもたちはゲームに 熱中していた横で、 私はひとり読書の秋、満喫。 「デフ・ヴォイス」という 耳が聞こえない両親をもつコーダが主人公。 手話…

【学び】異文化の気づき。

手話を学ぶことはろう文化をまなぶこと 手話が楽しい。 純粋に新しいことを吸収する刺激と これまでの自分の世界や 価値観ではみえなかった 異文化への気付きと学び。 ろう文化を知ることによって 自分の視野の狭さを知り ろう文化への理解と学びを深める き…

転職サイトに登録してみたら。

自分の芝生は青かった ちょっと仕事にやさぐれていた時期があり、 辞めたいというよりも いまからでも転職できるかなという 軽い興味本位もあって 転職サイトに応募してみました。 大手転職エージェントや 資格をいかした専門職に 強いエージェントなどに登…

仕事の愚痴と家庭内平和の法則。

仕事の愚痴と夫婦の会話 仕事にはやりがいをもって 取り組んでおりますが、 そうそううまくいくことばかり じゃないですよね、世の中。 カチョーから実績について突かれたり、 顧客対応がクレームにつながったり、 そこそこ日々問題がおこります。 そうする…

いつだって学びは刺激的。

学ぶ楽しさ 4月から研究職から専門職への 異動となった。 いわゆる現場。 新しい発見が日々あり まだまだ実力不足を感じますが、 その分、学びへの刺激や意欲が増しています。 そして、異動したことも関係ありますが、 今年度、新たに学びはじめた手話が楽…

新しい学びと母としての制約のなかで。

新しい学びが楽しい 今年、新たな学びとして 始めた手話。 www.mikatano.me 春の開講予定がコロナにより 今月から教室が始まりました。 手話教室といっても 自治体で無料で開かれているもの。 新しい知識を得るのに ほぼほぼ無料(テキスト代のみ)という お…

新たな学び、決めました。

学びをとめない 昨年の今頃は、 新しい学びにむけて 意欲みなぎる春だった。 wm-mikata.hatenablog.com アラフォーにして、そして育休中に 通信大学へ通い、 国家試験資格取得を目指すと 決めたあのとき、 無謀な計画とも思えたけれど、 あのとき一歩踏み出…

【人生初の救急搬送】原因はアラフォー世代に多い病でした。

突然の目眩発作 2月某日、深夜。 吐き気で目覚め、 トイレに起き上がろうと思ったら 立つことも困難なひどい目眩を感じ はってトイレまで行く。 嘔吐数回。 気持ち悪さが尋常ではなく、 また今まで感じたことのない 目眩に身体の異常を感じる。 夫も尋常で…

【40代ワーママの模索】組織で泳ぎつづけるか、間欠泉的キャリアか。

退職という決断 同期や同僚、同じ部署のメンバーが 会社を辞めていくとき、 自分の仕事人生をふり返るきっかけになる。 転職という新しい道をすすむ人 仕事上での限界を感じて退職を選んだ人 子育てのためにキャリアを中断した人 介護という家族のサポートを…

ワーママ、人事の岐路。

人事がうごきはじめる秋 秋です。 夏のような秋。 秋のなかに夏。 といった感じの 10月の気候ですが、 朝晩の肌に心地よい寒さを 帯びた涼しさは やっぱり秋でしょうか。 うちの会社では秋に人事ヒアリングがあり、 冬に打診、春に内示、異動という流れに …

「転職するの?」

ワーママの学び 私、現在、育休中。 過去にも何回も育休を取っていますが、 その度に育休中にスキルアップするぞと 鼻息荒く意気込んでいたものの、 結局、一歩踏み出せないまま、 日々の育児におわれ、 いつの間にか育休終了という繰り返し。 でも、この度…

新卒時、奨学金という名の借金。

借金からはじまる新社会人 大学、大学院在学中に 奨学金を借りていた私には、 大学院を卒業した段階で 350万!という奨学金という名の借金を かかえておりました。 新卒時のお給料なんて20万そこそこ。 社会人1年目に 350万なんて目のくらむような大…

ツイッターの層。深海魚と回遊魚がであう面白さとスリル。

ツイッター界隈の魅力 Twitter歴数ヶ月の 初心者です。 Twitterのお手軽さと面白さが 徐々にわかってきました。 wm-mikata.hatenablog.com Twitterのつながりって 本当に垣根が低いというか、 いいねやリツイートが お互いに気軽にできる世界ですね。 例えば…

わたしの仕事人生は結局レールの上。でもレールの上を走りつづける今。

私の仕事人生、夫の仕事人生 私。 「新卒から同じ会社に勤務、転職経験なし。」 一行ですむ私の仕事人生。 反面、夫。 「新卒で就職。 数年後に転職してフリーランスに。 その後就職した会社を独立して、最初の会社の同期と共同経営にて役員に。 収入が安定…

女子という生きもの。環境を選択すること。

女子という生きもの Twitterで知ったエッセイ “「女の子」で死にたかった私に贈るエッセイ”@hamu_morishima をみて 学生時代、「女の子」として 生きたワタクシ、 そして、「女の子」として 生きているムスメにも 思いを馳せて、 やっぱり女子ってムズカシイ…

インテリアブロガーもざわつくコスパ最高、ワークマン女子のレインシューズ。

コスパ重視派におすすめのレインシューズ ワークマンの虜になりつつあります。 wm-mikata.hatenablog.com ワークマンでコスパよし機能よしの 防水シューズを 北欧インテリアブロガーさんの記事で 見つけてしまって、 これだ!とひらめき、 ワークマンへGO。 …

アラフォーですが、大学生の知り合いがたくさんできました。

アラフォー大学生 アラフォーですが、 この春から一念発起して 通信課程の大学に入学し、 大学生デビューしました。 先日、スクーリング(通信過程の学生が受ける短期間の授業)があり、大学に行ってきました。 久々の学び、新鮮で刺激的でした。 学ぶってや…

SNSという価値、時間という価値。

SNSで消費される時間 ブログを書く頻度が 間遠になっている最近。 それならばそれで、 日々は流れるものであり、 このような弱小ブログの存在など 名もなきブログの存在など、 世の中はあってもなくても 変わらない日常である。 ただ、「わたし」ひとりの個…

45才が企業人の分岐点。その後を選択できることが強み。

45才、会社人生の分岐点 わたしのお気に入りのブログで とあるワーママブロガーさんが 「30代、40代、大企業でも終身雇用ヤバイ説」 を唱えてまして、 そういえばと思い出したブログ記事。 はてなブロガーさんだったら 記憶されている方も いらっしゃる…

平成の武士にならないために。

平成時代のおわりに なんていうシュールなタイトルなんだと 自分で自分のセンスに納得の タイトルなんですが、 昭和生まれな私、 アラフォー、 SNSとはこれまでちょっと、 いやだいぶ距離をとっておりました。 フェイスブックはしていない ツイッターもして…

学びの春、始動。

学びの春 ママ友の話。 上の子はもう高校生で 末っ子が次男と同じクラスの5才。 年齢推定45オーバー。 この春、3年前に一念発起して 入学した看護学校を卒業し、 看護師試験も見事突破し、 看護師として再スタートするとのこと! 天晴。 この晴れ晴れし…

奨学金はアリかナシか。

奨学金は他人事ではない 奨学金のニュースがでると ついつい我が身のことにように 見入ってしまいます。 なぜなら、私も奨学金を借りていた身だから。 奨学金を悪のように考える 人たちも一定数いて 奨学金は借金だ! 学生に背負わせるなんて 親としてどうか…

女子力の低い母。

女子力に語弊あり いや、これは女子力というには 語弊があるので 言い換えると、 料理力というのか裁縫力というのか、 とにかく私の苦手分野は 料理と裁縫関係が平均以下 であることは自覚しています。 料理については、夫の方が断然上。 買い物も好きだし、…

LINE疲れしてしまうわたし、LINEの弊害。

LINE疲れ LINEとはもともと 距離をとろうとしていた私ですが、 時代の波に抗うことができず、 LINEインストールしたのは 4年ほど前でしょうか。 保育園で、クラス役員になり、 それまで、クラス役員間のやりとりは メールだったのですが、 クラス役員のあつ…