ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。ハレてもケでも子育て。

「仕事やめちゃえば」

 
「仕事やめちゃえば」
 
 

f:id:wamama-mikata:20190221201055j:plain

こんな無責任な言葉が
特に、二人目の育休から
本格復帰したときには
夫からでていました。  
 
一人目育休(育休中に二人目妊娠)
→復帰3ヶ月→再育休 という流れだったので
二人目育休からの復帰が本格復帰でした。
 
目まぐるしい育児と家事と仕事の両立、
そしてこどもの発熱で
突発的な休みなどがつづくと、
ついつい夫にも不平不満たらたら。  
 
こどもの熱でどちらが休むのか
保育園からの呼び出しでどちらが対応するのか  
 
なんでワタシガー
なんでアナタワー 
という不毛な論争をよくしました。
 
その結果、夫が、無責任に
「仕事やめちゃえば?」
というのです。
 
わたしはなんの解決策にも
なってないこのワードを聞くと
かなりムキーッとなりました。
 
そして、また不平不満という
負のサイクルということが
かなり多かったです。
 
わたしは仕事を辞めたくて
不平不満を言っているわけでないのです。
 
まして、育児と仕事が
からまわりしているときに
わたしは仕事をやめたいか? 
と考えると辞めたいという
答えにはたどり着かないのです。
 
子育ても仕事も同志
 
今では、もう役割分担のようなものもでき、
両立がたいへんだというのは
夫婦の共通した認識なので
たいへんさはふたりで
分かちあっているつもりです。
 
(やめる意志はありませんが)
仮に仕事をやめれば
仕事との両立からは開放されても
育児のたいへんさから
開放されるわけでもなく、
結局、夫は仕事中心
家事育児はわたし中心という構図が
目に見えており
余計からまわりすることが
予想されます。
 
不平不満の根底にあるものは
たいへんな思いを共有したいためであり、
仕事をやめるというのは
なんの解決策でもないのです。  
 
今ではもう、このワードが
夫婦の間ででることは
皆無になりました。  
 
そして、昨日、
(まったく参考にならないであろう)
ザルな夫婦の家計管理について
記事にしました。  
 
 
結論、「夫婦で稼ごう」となったのですが、
私はこの共通認識が改めてできて
わたしって仕事やめられないのね・・・?
という負の感情はまったくなく、  
 
「そうだよね!!!」
ととても前向きになったのです。  
 
だって、この共通認識があれば
「仕事やめちゃえば」なんて
無責任なこと絶対に言われないだろうし、
同じ土俵で
仕事も育児も家事も話し合えるし
議論しあえるのだから。