ワーママのミカタ

ワーママの見方と味方。ハレてもケでも子育て。

中学受験悲喜こもごも。

 

外野から中学受験を語る
 
中学受験の結果がでそろって、
受験された子、ご家族は
悲喜こもごものことと思います。
 
こどもの同級生のクラスでも
中学受験をした子が3分の1ほど。
 
結果は風の噂で伝え聞くばかりですが
いずれにしても、第一志望の学校に
合格する子の方がわずか。
 
第二志望くらいまでに
合格できれば御の字でしょうが、
残念にもサクラチルという
結果になってしまった場合、
小6にして酷な現実を
突きつけられることになります。
 
うちのこどもは公立中学に
進学することをはやくから決めましたので
今となっては惑わずの心ですが、
まわりには小学校4年生あたりから
本格的に塾通いをしている
同級生もちらほら。
 
で、こどもと仲の良かった同級生も
早くから中学受験をすることに
決めていたようでした。
 
私立中学ではなく、都立中高一貫校。
いわゆる高偏差値の学校です。
 
多くの時間を勉強に割いてきたことは
想像に固くありません。
 
その結果は芳しくないものだったようで
はっきり言うと全落ちし、
公立中学に進学するらしい。
 
まだまだも未成熟であり、
また多感な小6のこどもに対して
過酷な現実、挫折を
味わわせることになって
しまったからには、
親をはじめとするご家庭、
サポートしてきた塾関係者には
細心で最大の注意を払って
フォローしていかなければ
ならないのではないでしょうか。

そして、それは我が子を中学受験へと
導いた親の責務ではないでしょうか。
 
一方、第一志望に合格した
こどもがいるのも事実。
 
夫の同僚のお子様は、
関東近県のトップ校の中高一貫校に
合格したとのこと。
 
ご両親はさぞ歓喜したことでしょう。
 
その優秀な頭脳をもつお子様は第二志望の
私立中学にも受かって、
そちらでは特待生として
学費がかなり優遇される条件での
合格とのこと。
 
伝え聞いたところですと
今どきの私立中学の受験結果は
合否の結果のみならず、
自分が何番目の順位で合格したのかが
明らかになるそう。
 
つまり、定員のうち順位付けが
なされており、入学前にその序列、
いわば学力カーストが
明らかになっているらしい。怖。
 
その知人のお子様は、
トップ校に合格したものの順位は
下から数えた方が早い順位だったらしく、
第一志望の中学に進学するか
第二志望の中学に進学するのか
相当悩んだようです。
 
結果、どちらに行ったと思いますか?
みなさんなら我が子をどちらに導きますか?
 
私が親なら第二志望の中学を
推してしまうんですが・・・
 
まあそこはご家庭のご判断やご本人の意志も
あることですから
関係のない第三者はだまって
見守るのみです。
 
中学受験・・・それは狂気であり狂喜であり驚喜であり凶器の道・・・
 

f:id:wamama-mikata:20200120061113j:plain